【追記あり!】【受験料の募金はやめよう】サラリーマンが受験・合格しにくい大学3つあげてみた

医学部学士編入試験

こんにちは!脱サラ編入医学生のシュンです。

 

今回は社会人が受験しにくい大学を3つ挙げてみました

という記事の東京医科歯科大学の部分に追記しました!

長崎大学

【去年のデータ】

  • 募集定員:5人
  • 試験日:1次試験 8/30(金)、2次試験 9/28(金)
  • 試験科目:生命科学、英語

【選んだ理由】

  1. 社会人は上司の推薦文が必要
  2. 試験日が平日

医学部学士編入を受験する際、出願書類として推薦文が必要な大学は多くあります。受験生は大学の指導教授に書いてもらうなどが一般的でしょう。私も、大学院時代の教授に推薦文を書いてもらいました。

しかし長崎大は、社会人の人は必ず上司の推薦文を提出する必要があります。つまり、編入試験の受験を会社にオープンにしなければ出願できないのです。

これは社会人受験者にとって大きなデメリットとなります。なぜなら、医学部学士編入試験を受験するということは、受かったら会社を辞めると同意だからです。わざわざ会社に「受かったら辞めるよ!」と言うのはとてもリスクが高く、リターンの少ない行為でしょう。

私自身、会社にはナイショで医学部学士編入試験を受験していました。そのため上司の推薦文をもらうわけには行かず、長崎大学は受験しませんでした。2科目で受験できる大学なので非常に魅力的だったのですが…

長崎大学が上司の推薦文を必要としている理由は、昔編入生が入学する際に会社と揉めたことがあるからです。結果的に、編入予定の人は直前で合格を蹴って会社に残ることになってしまったという出来事があったとのこと。それ以来、社会人には会社の上司の推薦文が必須になりました。

実は抜け道が無いことは無いのですが、ここには書けません。

  • 医学部公式サイトはコチラ
  • 去年の医学部学士編入試験の要項はコチラ

 

秋田大学

【去年のデータ】

  • 募集定員:5人
  • 試験日:1次試験 書類審査、2次試験 11/22(木)、11/23(金)
  • 試験科目:小論文(英語)、生命科学

【選んだ理由】

  1. 合格者の年齢が低い
  2. 試験日が平日

医学部学士編入試験を受験しようと考えている方の中には、比較的年齢が高い方もおられるでしょう。そのような方々から「年齢は大丈夫でしょうか」という質問をよく頂きます。医学部学士編入の制度自体「多様なバックグラウンドを持った人を医者にする」という目的があります。そのため、比較的年齢には寛容な大学が多いのも特長です。

しかし、この秋田大学は非常に年齢に厳しい大学です。医学部学士編入試験のデータでも、20代前半が最も受かりやすいという結果が出ています。逆に30代の合格者は0に近いです。正直なところ、20代後半でも厳しいでしょう。

社会人を経験されている人は大学・大学院を卒業後、一定期間働いておられる人が多いと思います。そのため、学士編入受験者の年齢中央値は20代中盤〜後半です。これらの方々は、秋田大学に出願しても書類審査で落とされています

私の友人で複数校合格し、大分大学の書類審査なども通過している友人(当時27歳)も、あえなく不合格となっていました(不合格が出た時点で他大学に合格していたので、ダメージはありませんでしたが)

別の友人は、当時24歳で秋田大学の学士編入試験に合格しました。その方に話を聞くと

入学した5人の中で僕が一番高齢だった。

と言っています。つまり、その他の合格者は22〜23歳なのでしょう。

 

また書類審査を通過しても、筆記と面接試験が平日2日間連続であるため、有給が取れなければ受験は厳しいでしょう。

これらの点で、社会人は受験しにくい大学に挙げました。ちなみに秋田大学は、一般の医学部受験でも再受験生に厳しい大学とされています。

  • 医学部公式サイトはコチラ
  • 去年の医学部学士編入試験の要項はコチラ

 

東京医科歯科大学

【去年のデータ】

  • 募集定員:5人
  • 試験日:1次試験 6/13(水)、2次試験 7/11(水)
  • 試験科目:自然科学総合問題

【選んだ理由】

  1. 試験科目数が多い
  2. 試験の難易度が非常に高い
  3. TOEFLのスコアが81以上必要
  4. 試験日が平日

東京医科歯科大学は、大学受験の偏差値を見ても東大・京大に次ぐ国公立第3位の難易度の大学です。そのため、医学部学士編入試験も非常に難しい大学です。

科目数が多い&難易度が高い

東京医科歯科大学の試験科目は

  • 生命科学
  • 物理
  • 化学
  • 数学
  • 英語

の5科目が必要です。いわゆるフルセット入試です。(書類上は自然科学総合問題となっています)

しかも1つ1つの問題の難易度が非常に高く、それぞれの科目を大学レベルまで学習していないと説くことができません。例えば、数学は線型代数学や微分方程式の問題などが当たり前のように出てきます。

勉強時間の限られるサラリーマンにとって、これほど多くの科目を大学レベルまで学習するのは厳しいでしょう。むしろ、東京医科歯科大学に受かるまでの過程で、他の大学の編入試験に受かるでしょう。

そのため、数学など他の大学ではほとんど必要ない科目に勉強時間を割くのは効率的ではありません。

【3/18追記】

今年度の試験情報に基づき、アップデートを行いました。今年度に行われた試験からは”自然科学総合問題”となっています。

その実施は英語の長文を読ませ、設問の中に生物・物理・化学・数学などの要素を入れたものでした。そのため、今までの単科ごとの対策ではなく、

  • 英語が読めて、設問が理解出来る
  • 理系科目の知識で設問を解く

という2つの要素が必要となっています。しかし、2年前までの単科ごとの入試の問題の方が難易度は高い印象があります。

TOEFLのスコアが81点以上必要

医学部学士編入試験は、複数の大学でTOEFLやTOEICのスコアが必要です。しかし近年、その影響で「英語しかできない」受験生・合格者が増えました。主に帰国子女などです。彼らの中には、解剖学用語の漢字が読めず、読み仮名を振らなければならないほど「日本語ができない」人もいます。

そのため、弘前大学や金沢大学では、TOEFLの配点や足切り点を下げています。

一方でこの東京医科歯科大学だけはTOEFLの足切り点を61→80点に増加させました。TOEFLはTOEICと異なり、スピーキングやライティングがあります。そのため、対策に時間がかかるのです。

勉強時間の限られるサラリーマンにとって、フルセット入試に加えてTOEFLの対策も同時に行うのは非常に厳しいです。

これらの点から、東京医科歯科大学はサラリーマンにとって受験・合格しにくい大学に挙げました。

  • 医学部公式サイトはコチラ
  • 去年の医学部学士編入試験の要項はコチラ

 

まとめ

今回、特にサラリーマンが受験・合格しにくい大学として

  • 長崎大学
  • 秋田大学
  • 東京医科歯科大学

を挙げました。

これ以外にも、受験日が平日の大学などは多くあります。これらの大学もサラリーマンは受験しにくい大学となります。

ご自身の能力や有給を取れるのかによって変わってくると思います。戦略的に受験しましょう!

良い勉強ライフを!脱サラ編入医学生のシュンでした。